健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

不眠のメカニズム、不眠とは

不眠のメカニズム、不眠とは


体が活動しているとき(起きている時)は交感神経が働き、睡眠に入ると副交感神経が働きます。

ところが、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかないと「眠れない」「不眠」ということになります。

しかし、不眠を訴えている人の約6割の人は寝つきが悪いや眠れないと思い込んでいるに過ぎず、心配の要らないケースです。

これは精神生理性不眠といわれるもので、神経質な人に多い症状です。


不眠対策には、

寝る直前に食事を取らないようにする、

適度な運動で血流の流れを良くする、

入浴によって血行を良くする、

緊張や興奮を鎮める、

などが有効です。


眠れないと感じていても、強い疲労感がなければ心配はありません。

しかし、眠れないことで疲労が溜まったり、精神障害が疑われるような場合は、検査や治療が必要になることもあります。

躁鬱病などの精神障害による不眠や、高血圧や動脈硬化などの内科系疾患による不眠もあるのでたかが不眠といっても注意が必要です。
posted by hikari at 00:00 | Comment(28) | TrackBack(7) | 不眠のメカニズム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。