健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

不眠のこんな症状は要注意

不眠のこんな症状は要注意


夜中に何度も目がさめ、気分が悪くて起きられない状態が続く場合はうつ病が疑われます。

夜中に何度も目が覚めるとともに、頭痛やめまい、肩こり、動悸などを伴う場合は神経症の可能性があります。

早朝や真夜中に目が覚め、その後眠れなくなるが、眠れなくても平気で動き回れる状態のかたは躁鬱病の疑いがあります。


高齢者の方には、高血圧症や動脈硬化などが原因で眠れない(不眠)人もいます。


また、いびきがひどい人が注意しなければならないものもあります。

それは睡眠時無呼吸症候群によって何度も目が覚める場合です。

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに断続的に何度も呼吸が止まってしまうものです。

そして、呼吸が苦しくなり目が覚めてしまうものですが、これは専門医に相談することが必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40071197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。